ハワイのアロハ大使、ダニー・カレイキニに捧げる夏の祭典 第48回ウクレレフェスティバル・ハワイ開催

Ukulele Festival keiki.Photo Tina Mahina.jpg

ウクレレをテーマにした音楽フェスとしてはハワイ最大・最古の『ウクレレフェスティバル・ハワイ』が、今年も2018年7月15日(日)の午前10時半〜午後5時まで、カピオラニ公園のバンドスタンドにて開催される。今回で48回目を迎えるイベントでは、ウクレレと40年以上に渡りフェスティバルの司会を務めてきたダニー・カレイキニというハワイの音楽界を代表する2つのアイコンに敬意を表し、地元ハワイだけでなく北米やアジア、オセアニアの国々から国際的に活躍するミュージシャンが参集する。

毎年一万人以上の観客が訪れるこのウクレレイベントでは、有名ウクレレ奏者のオータサンやジェイク・シマブクロを始め、ライアテア・ヘルム、ジョッシュ・タトフィ、ビートレレ、ニック・アコスタといった有名ミュージシャン、キッズウクレレプレイヤーを中心に総勢600人が揃うロイ・サクマ・ウクレレバンドが演奏する。

「我が友ダニー・カレイキニは、40年以上に渡りウクレレフェスティバルを盛り上げてくれています」と語るのは、1971年にウクレレフェスティバル・ハワイを創設したウクレレマスターのロイ・サクマ。「無類のアロハスピリットとホスピタリティに満ちあふれたダニーは、世間ではミスターアロハとして知られています。今年のウクレレフェスティバルでは、ウクレレという美しい楽器を讃えると共に、ハワイの音楽界にとってなくてはならないダニー・カレイキニに敬意を表したいと思います」

ハワイ以外からのフェスティバル参加者は以下の通り:

サンセットストラマーズ・ウクレレオハナ(USA)、ルアンゴ・ウクレレ・エクスペリエンス(USA)、ノーザンバージニア・ウクレレアンサンブル(USA)、フラリーパッド(日本)、渡辺海智(日本)、レアレア・ウクレレガーデン(日本)、ジュニアウクレレオーケストラ(日本)、NZ ウクレレ・シニアスクワッド(ニュージーランド)

パーキングは無料でカピオラニ・コミュニティカレッジに駐車可。午前7時30分〜午後5時45分(カピオラニ公園発の最終便)まで、カピオラニ・コミュニティカレッジとカピオラニ公園を往復するシャトルバスのサービスが利用できる。フードテント内の第二ステージでも様々なウクレレパフォーマンスが行なわれるほか、ウクレレブースでは無料レッスンも受けられる。ウクレレメーカーによるウクレレの展示や抽選会、食べ物屋台なども用意され、年齢を問わず楽しめる。また、ウクレレフェスティバルの記念Tシャツも販売される。

トニーグループ・オートプレックスとハワイ観光局が協賛する第48回ウクレレフェスティバルに先んじて、2018年7月13日(金)の午後5時30分からアラモアナホテルにて、ウクレレフェスティバル・ハワイ・ガラパーティーが催される。チケットは1枚$95。スポンサーシップ(1テーブル$1,500〜$5,000)も。ガラパーティーの予約、または詳細はinfo@ukulelefestivalhawaii.orgまたは、www.ukulelefestialhawaii.orgまで。

第48回ウクレレフェスティバル・ハワイ関連イベントの詳細は、www.ukulelefestivalhawaii.orgまで。

【ウクレレフェスティバル・ハワイとウクレレフェスティバルについて】

ウクレレフェスティバル・ハワイは、2004年にロイ・サクマとキャシー・サクマによって設立された非営利団体で、ウクレレミュージックを通し、子供から大人までハワイだけでなく世界中に笑顔と愛と希望を届けることを目標としている。ウクレレフェスティバル・ハワイでは、無料のウクレレフェスティバルのプロデュースやPR活動を通し、人々のハワイの文化芸術への興味を高めると同時に、ウクレレへの興味を高めプロレベルのウクレレ奏者を育成することに力を入れている。1971年に始まった ウクレレフェスティバルは、オアフ島カピオラニ公園にて毎年7月に開催されている。